話題のカジノ動画

【ジパングカジノ研究所 Vol.77】変則マーチンゲール法でフラワーベット法を活かせるか検証(ルーレット1,000回転)

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.77」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■

ドクターK(ジパングカジノ研究所研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。

ジパングカジノのペイアウト率は96.54%(2019年9月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。

宝くじのペイアウト率は46.8%(平成28年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。

96.54%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。

理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.77の検証】

ルーレットで使用できる「フラワーベット法」に焦点を当てます。

フラワーベット法は1つの数字を中心に、ストレートアップ、スプリットベット4カ所、コーナーベット4カ所、

合計9カ所にベットするベット方法で、ストレートアップの的中で144倍の払戻しを得ることができます。

しかし、勝率が低く1度に賭けるベット額も大きいため、連敗によって損失が大きくなるという弱点があり、

普通にフラワーベット法を使用してプレイするとその結果は理論値とさほど変わらないことが予測できます。

そこで今回はこの弱点を補うため、マーチンゲール法を変則的に組み合わせることにしました。

通常のマーチンゲール法は負けたらベット額を2倍にして賭けますが、

9カ所へのベットに対してそれぞれ1単位ずつ(今回は$1)ベット額を上げることとします。

勝率の低いベット方法にマーチンゲール法を組み合わせると、連敗によってベット額は急激に増加します。

しかし、払戻し倍率も大きいため、的中時の払戻し額はかなり大きくなります。

損失と利益どちらが大きくなるのでしょうか。

どうぞ、ご覧下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――

コメントについて

法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。

また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

  1. 【オンラインカジノ】バカラ投資で469万から547万円にした正真正銘の…

  2. しょぼ当たりでもこの威力!【BONANZA $4 SPIN】【CASI…

  3. 【1xBET】新ゲーミングでこぶし【オンラインカジノ】

  4. 【オンラインカジノ】ベラジョンおすすめスロット◆Enchanting …

  5. 【おススメ】新規のスロットのバトルドワーフが面白すると話題に!

  6. 【オンラインカジノ】バカラ投資で2週間で8万円を56万円にした副業初心…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP