話題のカジノ動画

【ジパングカジノ研究所 Vol.73】マーチンゲ―ル法における『損切りライン』の見極め検証

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.73」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は100.75%(2018年12月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。
宝くじのペイアウト率は46.8%(平成28年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。
100.75%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.73の検証】
1度でも勝つとそれまでの負けを取り戻すことができるシステムベット「マーチンゲール法」ですが、
連敗が続くとベット額がどんどん大きくなってしまいます。
勝つことができればいいのですが、次回ベット額がテーブルリミットを超えてしまったり、
所持金の限界によってこれ以上賭けられなくなるとマーチンゲール法が破綻してしまいます。

そこで、連敗の途中でベット額をリセットし、損失がこれ以上大きくならないようにするとどうなるのでしょうか。

ジパングカジノのルーレット(シングル0)におけるテーブルリミットは$500です。
$1ベットから始めた場合、9連敗で次回ベット額がリミットを超えてしまうため、
2連敗~8連敗の各連敗数に達するとベット額をリセットします。

「損切り」によって損失額を小さくすることで、収支額をプラスにすることができるのでしょうか。

今回はルーレット5,000回転のデータを基に結果を算出します。
どんな結果になったのでしょうか。どうぞ、ご覧下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

  1. リッシーの羽はオンラインカジノで今流行りのゲーム!!

  2. 【オンラインカジノ】1万円(100$)でもここまで遊べる!ムーンプリン…

  3. 2日で溶かした!?その後は?|ユースカジノ(YOUS CASINO)

  4. 【懺悔】ブラックジャックで負けた分を倍にしてお返しします!|会社のボー…

  5. [オンラインカジノ生放送] A「ほら・・呼んでるよ」B「新台か?」A「…

  6. 🔥新台祭り!俺がやらなきゃ誰がやる?黄門ちゃまで奇跡が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP