話題のカジノ動画

【ジパングカジノ研究所 Vol.3】的中率とペイアウト率の差に隠されたバンカー優位性の秘密を確率論で紐解く。「プレイヤーに1000回ベットのペイアウト率を検証」【オンラインカジノ】

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.3」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所主任研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は97.47%(2016年5月公式HP公表)で、他と比べ圧倒的に魅力的です。
宝くじのペイアウト率は46.7%(平成26年度)、競馬は70%、パチンコで80%だと言われています。
97.47%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【バカラ プレーヤーに1000回ベット】
今回はカジノの王様、バカラについて検証します。
“「安心」は人間の最も近くにいる敵”
シェイクスピアはこんな言葉を残していますが、バカラは高い的中率とペイアウト率を誇るゲーム。その起源は1500年頃といわれており、今日まで500年以上も親しまれています。しかし、バカラは本当に安心して遊べるのか。その人気の秘密はどこにあるのか。バカラはイタリア語で「0」を意味し、転じて「破産する」という意味でも捉えられています。
高い的中率がゆえに全財産を賭け、一か八かの勝負に興ずる。
「安心」と相反するリスクは、確率論で読み解くとどんな表情を持っているのでしょうか。
バカラにおける理論上の的中率はバンカーが約45.87%、プレーヤーが約44.63%。基本的にはこのどちらかにベットします。しかし勝負の肝は、3枚目を引くルール。バンカーの勝つ確率が高いのは、このルールに所以があります。

プレーヤーとバンカーの的中率の違いと、ペイアウト率の違いが今回の払い戻し金額にどのような影響を与えているのか着目。いつものように、連続1000回同一ベットの結果と確率の理論値を用いて検証します。16000回に1度起こるかどうかの確率で現れる『12回連続プレーヤー勝利』という、希有な事象も起こりました。
それではどうぞご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

  1. 【カジ旅】新台食い漁る!!【オンラインカジノ】

  2. 【オンラインカジノ/オンカジ】【BONS】スロット&バカラ …

  3. 【最新スロット】ミステリー・ミュージアム(Mystery Museum…

  4. #107【オンラインカジノ|ライブ中継】オンラインカジノ初ライブ&#x…

  5. 【勝負】フリースピン購入で動物からたくさん貢いでもらいたい。| オンラ…

  6. 【オンラインカジノ】ワンダリーノのルーレットで一攫千金!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP